レックダイビングについて

皆様こんにちは!SRJトモコです。
今日はレックダイビングについて書こうかと思います(^^)

レック(wreck)とは、難破、難船、海難、破壊、難破船、破船のこと。
水中に沈んだ船や飛行機などの人工物を目当てにその周辺や内部を潜るダイビングです。
戦争により沈んだもの、海難事故で沈んだもの、
ダイビングポイント用として意図的に沈められたもの、
漁礁のために沈められたもの等さまざまです。
そのため、ポイントによっては
歴史を肌で感じるようなものを目にする事ができます。

それぞれの歴史・ストーリーを知ると
冒険心を刺激され、何とも言えない気持ちになります。
レックには人の想像力を駆り立てる何かがあるのだと思います。

実はわたし、
ダイビングを始めた当初~数年間は
レックのようなアドベンチャーダイビングは
食わず嫌いというか、どうにも苦手意識がありました。
こわそうだし、それよりは生き物見たい!
そんな思いでした。
ただ、様々な経験をさせていただく中で、
沖縄本島にある沈没船「USSエモンズ」
を潜らせて頂いたことで、
私の中で眠っていた冒険心が目覚めました!
USSエモンズは、水深-43mに沈む、およそ100mの巨大な船です。
エモンズは、破壊されつつも、しっかりと原型をとどめており、
沖縄の抜群の透明度も味方して、その迫力を感じる事ができました。
アメリカ海軍の駆逐艦であったUSSエモンズ。
大きな主砲、ソナー、機銃や兵士のヘルメットなども
当時のま­まの姿で見ることができます。
2度と繰り返してはいけない戦争の姿を海の中に感じ、
今までダイビングで経験してきた多くの感動、興奮とは
また違った、何ともいえない不思議な感情になった事を覚えています。

ダイビングには本当にたくさんの楽しみ方があり、
そのどの分野も、極めようと思ったらきっと
一生かけても極められないかもしれない…。
そんな中で、ダイビングの新たな楽しみ方を発見し、
ああー本当にダイビングは底なしだ!と感じました。
ぜひ興味のある方には見て頂きたい世界です。

ただ、戦争や事故で沈んでしまったものは
犠牲になってしまった方がいるものも現実なので、
気を引き締めて、水中で手を合わせる気持ちで
潜る必要があるかもしれません。

そして、レックはUSSエモンズのように
美しく原型をとどめているもののほとんどは
水深が深く、レクリエーションの範囲では
最大深度に長時間留まることができないことや、
ペネトレーション(内部侵入)を行う場合には
適切な技術と知識、装備が無いと
非常にリスクが高まるという点から、
レックダイビングを楽しむためには
正しい技術と知識を得る事、練習をする事、装備を見直すことは必須です。
しっかり準備を整えた上で潜れば、
きっと刺激的で、新しい発見のある
レックダイビングができるのではないでしょうか。

日本にはUSSエモンズの他にも
沈没船ポイントがありますし、
海外にはとても多くのポイントがあります。
まだまだ見たことのない世界だらけで楽しみです。
楽しみの幅が広いダイビング、とっても魅力的だ~!!

スティングレイ・ジャパン
埼玉県三郷市仁蔵325-1A
TEL:048-916-9644 info@stingray-japan.jp

タグ:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。