運任せではなく、楽しみましょう!

しばらくレックペネトレーションやサイドマウントの練習が多かったのですが、6月は40m以深のディープが続きました!

 

深場での生物観察や、撮影などもテクニカルダイビングの楽しみの一つです。

テクニカルダイビングは40m以浅では、なかなか見ることが出来ない生物を楽しめます\(^o^)/

 

40m付近で見られるホタテエソ

エソの仲間では色鮮やかなホタテエソ。じわじわと近づかないと撮れないので、シングルシリンダーではじっくり狙えません。

 

深場でも稀なアカイサキ

大瀬崎の40m以深で見たいと思っていたハナダイの仲間。
30~40分は居るので探す時間がたっぷりあります!

 

水深60mへ行ったら見ておきたいニシキハナダイ

ハナダイは生息域が分かりやすく、深度別に楽しめます。

30m~40m付近 サクラダイ、スジハナダイ
40m~50m付近 ナガハナダイ
50m~60m付近 キシマハナダイ、マダラハナダイ、ニシキハナダイ、シロオビハナダイ
(大瀬崎や伊豆大島での情報です)

など目的に合わせて計画が立てやすい。
テクニカルダイビングは、計画通りに潜る事が重要なのでハナダイの仲間は狙いやすい!

 

深場でも限られているシロオビハナダイ

シロオビハナダイは深く行けばどこにでも居るわけではないので、見つけた時にはじっくりと撮りたいですね(^O^)/

 

ハナダイファンにはたまらない、キシマハナダイ
何回でも撮りに行きたいマダラハナダイ

 

暗い、狭いだけがテクニカルダイビングではありません!
こんなに華やかな世界があります\(^o^)/

 

しかしシングルシリンダーの通常装備で撮影しに行くのは無謀です。
行こうと思えば行けますが、帰って来れるのは運が良いだけ。運任せで無謀なダイビングはやめましょう。

野村がテクニカルダイビングを始めたのは、数十年前に無謀なダイビングをして水中で意識喪失し、運良く生きている経験があるからです。
楽しいのは無事だからです。運が良かったダイビングはやめましょう。

 

 

タグ:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。