パラオレック三昧スタート(^○^)

こんばんは!ミヤコです( ´∀`)
いよいよパラオレック三昧ダイビングがスタートしました!

最初にスタートを切ったのは、女性サイドマウントダイバーSさんと、

パラオにてレックコースを受講している女性ダイバーNさん。
昨夜パラオに到着し、今日からダイビングがスタート!
日本の寒さとはうってかわり、パラオでは今の時期も快適な水温と気温で、南国を満喫しているようです。

今回のダイビングの目的は、もちろんレック(沈没船)!
パラオといえば、ジャーマンチャネルのマンタ狙いや、

ブルーコーナーでのグレイリーフシャーク、ナポレオン、バラクーダの群れなどが有名ですが…。
ここ数年のスティングレイ・ジャパンは、年に2回くらいパラオにいくのに、レックポイントしか潜っていません( ゚A゚ )
なぜ有名スポットを潜らないのか?と思うかもしれませんが、
反対になぜレックポイントを潜らないのか不思議なくらい面白いです!

パラオに沈んでいるレックは、70年以上前のパラオ大空襲によって沈められた主に日本の船で、
ボートで15分圏内の場所に数十種類のレックポイントがあります。
基本的に水面穏やかなポイントなので、季節を問わず楽しめます。
深さも10mくらいのレクリエーションで楽しめる範囲もあれば、
テクニカルでじっくり見ることのできるエリアもあり、幅広く楽しめます。
ほとんどが100m~150mの大きな船で、迫力満点!

パラオという場所で、実際の戦争で沈んだ日本軍の船を見ることができるのは、
なかなか感慨深いものがあります。
そこにある建造物にも日本の面影があったり、こんなにも年月が経過しているのに、
まだしっかりと形を残している船がほとんどです。
ですが、確実に朽ちてきています。あと30年もたつと100年という年月がたち、
水中での姿は少しずつ無くなっていきます。
その前に、私たちダイバーが実際の状況を目でみて、写真に撮り、後世に残していければと思います。
ご興味がある方は、早く潜りに行けるようトレーニングしてください(^○^)

そんなレックポイントを、今回も満喫してきます!!
私は30日にパラオ入りしレックポイント楽しんできます!

リアルタイムな情報は、Facebookでご確認ください( °∇^)

タグ:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。