パラオレックダイビング三昧!

SRJトモコです!
昨日、パラオから日本へ帰国致しました!
長期間、店舗不在となり皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。
ガスシェア練習
今回のパラオもやはり…沈没船ポイントを潜ってまいりました!
パラオといえばマンタ等の大物生物や、透明度の高い青い海!等という
イメージが強いかもしれませんが、実はパラオは多くの沈没船がある場所なのです。
 
パラオは太平洋戦争中、日本の統治下にあり重要な海軍基地でした。
太平洋戦争後期、アメリカ軍による大規模な空爆攻撃により
多くの日本軍籍の船や航空機が沈められました。
それらの沈没した船が現在、レクリエーションからテクニカルまで、
更にはスノーケリングエリアでも様々な環境で見ることができます。
中には資料が非常に少ない船もあり、
日々新しい発見があるようです。
戦時中のTOTOロゴ
私たちは今回のパラオにて、減圧ダイビングを含む
沈没船への内部進入(ペネトレーション)を行ってまいりました。
レックペネトレーション
外から見るだけではわからない
様々な景色を見ることができ、何とも冒険的なダイビングです。
海底に眠る沈没船を通じて、肌で歴史を感じる。
通常のダイビングでは味わえないような感動があります。
SRJではパラオの沈没船ポイントをもっともっと
多くの方々に知っていただきたい!
新しいパラオの楽しみ方として浸透させたい!と思い…
次回パラオツアーも沈没船メインのツアーを
企画する予定です!
ご興味のある方、ぜひ一緒に行きましょう!
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。