流氷ダイビングとアイスダイビングは違う?

2月も最後の週末。

北海道の流氷ダイビングも盛り上がっていますね。

日本では
アイスダイビング=流氷ダイビングのイメージがありますが、
世界的にはアイスダイビングは湖などが結氷した場所で行うスタイルも
多くあります。

海抜0mの流氷ダイビングと
標高の高い湖でのアイスダイビングは
違う点がいくつもあります。

日本の流氷ダイビングは現地の方々が
必要器材の運搬、ホールの確保、
安全対策、保温など潜ること以外の
部分も手厚くサポートしてくれます。

 

しかし世界の多くのアイスダイビングでは
必要器材運搬から氷の穴あけ、保温など
自分たちで行います。
標高が高い酸素も薄い中での作業は
大変です。

 

アイスダイビングは
流氷ダイビングの様にクリオネや北の生物との出会い、
透明度の良い景観などが見れる訳ではありません。
しかし全てを自分たちで行い、自分たちだけの水中世界を
潜った時の満足感や達成感は格別です。

スティングレイ・ジャパンでの
アイスダイバーコースは
全てを自分たちで行い、危険性や対処法などを
知ることで、アイスダイビングを楽しめると考えています。

全てがお膳立てされたダイビングではなく、
自立したメンバーでチームを組めば
充実感や達成感も格別です!!

タグ:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。